ダイハツ・ソレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダイハツ・ソレックス(SOLEX)は、ダイハツ工業1974年から1977年頃まで販売したモペッド

概要[編集]

頑丈なフレームを持つペダル付き自転車の前輪上に49ccの2ストロークエンジンをマウントし、タイヤに圧接したローラーで直接動力を伝達するという独特の駆動方式で、イグニッションキーやバッテリーも持たない原始的な原動機付自転車である。 原型はフランス気化器メーカーであるソレックス社が開発したSOLEX5000。ダイハツはその傘下にあるブラジルのSINFAC社からキット状態で輸入し[要出典]、国内で組み立てるいわゆるノックダウン生産を行った。

本来は無免許で乗れる日常の足として設計されたため、最大出力は0.4馬力と当時の国産原付の15分の1未満である。前輪上にエンジンがあるためにバランスが取り辛い上、サスペンションを持たないため悪路での乗り心地は悪く、ちょっとした坂道でもペダルを併用しないと登れないという、免許を必要とするオートバイとしては極めて非力で実用性に乏しい乗り物であった。なお、カタログ上の最高速度は18kmであったため、保安基準の特例として速度計や方向指示器、尾灯および制動灯は装備されていない。

ヨーロッパ的でユニークなデザインがごく一部の層からは評価されたものの、自転車店や二輪販売店ではなく自動車ディーラーのみでの販売であったこともあり、ほとんど普及することのないまま販売終了となった。総輸入台数は25000台とされるが、現存車両は非常に少ないと思われる。

関連項目[編集]