タールディー・ベグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タールディー・ベグ(Tardi Beg, 生年不詳 - 1556年10月)は、北インドムガル帝国の政治家・武将。

生涯[編集]

1555年、スール朝との戦いで功績であったバイラム・ハーンが皇太子アクバルの後見人となり、1556年にアクバルが即位して彼が摂政に登用されると、デリーアーグラの総督あったタールディー・ベグはこれに反対した[1]

同年、スール朝の残党であるヘームーが挙兵し、10月にデリーに軍勢が向けられると(デリーの戦い)、タールディー・ベグは一戦も交えずにデリーを放棄して逃げ、デリーは占領された[2]

その後、タールディー・ベグはパンジャーブに遠征していたアクバルとバイラム・ハーンと合流したが、ライバルであるバイラム・ハーンはデリーを何の抵抗もなく明け渡したとして、彼を処刑した[2]

タールディー・ベグの処刑により帝国軍は士気を取り戻したが[2]、この処刑はバイラム・ハーンとほかのライバルたちとの間で尾を引く形として残った[3]

脚注[編集]

  1. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.73
  2. ^ a b c クロー『ムガル帝国の興亡』、p.74
  3. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.78

参考文献[編集]

関連項目[編集]