タリン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タリン大学エストニア語:Tallinna Ülikool、:Tallinn University)は、エストニアの首都タリンに本部を置く国立大学である。2005年3月にタリン教育大学、エストニア科学図書館、エストニア科学アカデミー歴史研究所、バルト映像・メディア大学などの施設の合併によって形成された。エストニアで3番目の規模を持つ大学で、学生数は約7,000である[1]

組織[編集]

学部・大学院[編集]

  • Baltic Film, Media, Arts and Communication School
  • School of Digital Technologies
  • School of Educational Sciences
  • School of Governance, Law and Society
  • School of Humanities
  • School of Natural Sciences and Health

研究所[編集]

  • Centre of Excellence in Behavioral and Neural Sciences
  • Centre of Excellence in Educational Innovation
  • Centre of Excellence in Intercultural Studies
  • Centre of Excellence in Interdisciplinary Lifecourse Studies
  • Centre of Excellence in Media Innovation and Digital Culture
  • Centre of Excellence in Health Promotion and Rehabilitation
  • Centre for Educational Technology
  • Centre for Landscape and Culture
  • Estonian Institute for Population Studies
  • Institute of History, Archaeology and Art History
  • Institute of International Social Studies

サテライトキャンパス[編集]

対外関係[編集]

国際化推進が、事業の柱の一つとなっている。外国人学生が交換留学生を除いて学生総数の約10%を占めている。教員の1割以上が外国国籍である。授業の多くは英語で行われ、英語のみの専攻・コースが30以上ある。

タリン大学は、エラスマス交換留学制度を含めて世界中の400校を超える大学と提携を結んでいる。

日本の大学との協定関係[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tallinn University” (英語). Tallinn University (2018年3月27日). 2020年1月21日閲覧。
  2. ^ 部局間学術交流協定締結状況リスト | 交流協定締結状況” (日本語). 2020年2月17日閲覧。
  3. ^ 筑波大学|CiC・国際交流協定締結機関”. www.kokuren.tsukuba.ac.jp. 2020年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]