タイワンウオクサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タイワンウオクサギ
Premna serratifolia 13.JPG
タイワンウオクサギ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: ハマクサギ属 Premna
: タイワンウオクサギ P. serratifolia
学名
Premna serratifolia L.

タイワンウオクサギ Premna serratifolia L. はシソ科の樹木。

特徴[編集]

常緑性の小高木[1]。1年目の枝は多少有毛か無毛。2年目の枝は灰緑色になる。葉は対生し、葉身は卵状楕円形から卵円形、先端は急に細くなって短く突き出し、あるいは鈍く終わり、基部側は真っ直ぐになっているかやや丸くなるか、あるいは心形に窪む。葉身は洋紙質で縁は滑らか。葉身の長さは6-17cm、幅は4-10cm、葉柄は長さ1.5-8cm。側脈は4-5対で表裏共にやや突き出している。

茎の先端に出る花序は散房状で浅いドーム状、あるいはもっと平たくなって径5-17cmほど、高さ4-10cm。萼は鐘形で長さ1.5mm、縁には5歯があり、花が終わった後に大きくなる。花冠は白くて長さ約2mm、縁は4裂する。雄蘂と雌しべは花冠から少しだけ顔を出す。核果は球形で径3-4mm、その基部には宿在する萼が径3mmの皿状に残る。

分布と生育環境[編集]

日本では琉球列島の各島に見られ、国外では台湾から熱帯アジア、ポリネシアにまで分布する[2]。海岸近くの隆起珊瑚礁の地域によく見られる[3]

近縁種など[編集]

ハマクサギ属は世界の熱帯域を中心に約200種があり、日本には3種の自生種がある[4]。そのうちハマクサギ P. microphylla は日本本土まで分布があるが、琉球列島でも見られる。ルゾンクサギ P. nauseosa は石垣島からのみ知られる。これら2種はいずれも葉を揉むと悪臭があるが、本種にはそれはない。花筒はハマクサギは黄色くて大きくて花筒は本種の2倍ほど。ルゾンクサギは白くて小さく、本種の半分程度しかない。またこれらの中で本種が最も広い分布域を持っている。

利用[編集]

材木としては硬くて耐水性が高い。建築材や柱として用いられるが、水工材として耐朽性に優れるという。また若葉が救荒食材として用いられたともいう[5]

出典[編集]

  1. ^ 以下、主として初島(1975),p.522
  2. ^ 初島(1975),p.522
  3. ^ 池原(1979)p.109
  4. ^ 以下ともに佐竹他(1989),p.214
  5. ^ 天野(1982),p.166

参考文献[編集]

  • 初島住彦 『琉球植物誌』追加・訂正版、(1975)、 沖縄生物教育研究会
  • 佐竹義輔・他(編著) 『日本の野生植物 木本II』新装版、(1999)、平凡社
  • 天野鉄夫、『琉球列島有用樹木誌』、(1982)、琉球列島有湯樹木誌刊行会
  • 池原直樹、『沖縄植物野外活用図鑑 第4巻 海辺の植物とシダ』、(1979)、新星図書