ソユルガトミシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソユルガトミシュ(? - 1388年)は、ティムールによって擁立された西チャガタイ・ハン国の君主(在位:1370年 - 1388年)。
かつて西チャガタイ・ハン国の有力者カザガンがハンとして擁立し、その後殺害したダーニシュマンドの息子で、オゴデイ系の人物[1]

1366年頃から活動が史料上に見られ、ティムール配下の優秀な武将であった[1]ティムールの覇権が確立した1370年に西チャガタイ・ハン国の名目上の君主として擁立された。

1388年、病没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 川口琢司『ティムール帝国』p.53
先代:
アーディル・スルターン
西チャガタイ・ハン国のハン
1370年 - 1388年
次代:
スルタン・マフムード