ソマ炭鉱爆発事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソマ炭鉱爆発事故
Soma mine disaster4.JPG
救助活動の様子
場所 トルコの旗 トルコ・マニサ県ソマ
座標
日付 2014年5月13日
午後3時10分(トルコ標準時
死亡者 301人[1]
負傷者 80人以上[2]
テンプレートを表示

ソマ炭鉱爆発事故(ソマたんこうばくはつじこ、トルコ語: Soma Faciası)は、2014年5月13日トルコ西部マニサ県ソマ炭鉱で発生した爆発事故である。

5月16日時点で283人の死亡が確認され、なお多くの労働者が地下に閉じ込められていたが、煙や炎に阻まれて捜索救助作業は難航した[3]。17日に捜索活動は終了し、死者は301人となった[1]

1992年に北部ゾングルダク県の炭鉱で発生し死者263人を出したガス爆発事故(tr:1992 Kozlu kömür madeni faciası)をしのぐ、トルコ最悪の炭鉱事故となった[4]

アンカライスタンブールでは、事故原因は政府と鉱業関係者らの怠慢にあると抗議する数千人のデモがおこなわれ、警察は催涙ガスや放水砲で鎮圧をはかった。事故当時、首相を務めていたレジェップ・タイイップ・エルドアンは、原因究明を約束しつつも、「このような事故は起こるものだ」と述べ、政府の責任を否定している[3][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]