セルジュ・コロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

セルジュ・コロ(Serge Collot, 1923年12月27日 - 2015年8月11日[1][2])は、フランスヴィオラ奏者。

パリの生まれ。幼少の頃からヴァイオリンを嗜むも、エミール・ロワゾーに室内楽の薫陶を受け、パリ音楽院でモーリス・ヴュー、ジョセフ・カルヴェ、モーリス・エウィットの各氏の指導を受けた[3]。1944年にヴィオラでプルミエ・プリを獲得して卒業し、すぐにパルナン弦楽四重奏団の創立メンバーとしてヴィオラを弾くようになった。1952年からパリ・オペラ座管弦楽団に入団し、パレナン弦楽四重奏団のヴィオラ奏者を兼任したが、1957年にパレナン弦楽四重奏団を離れてからはジェラール・ジャリミシェル・トゥルヌとフランス弦楽三重奏団を結成した。また、ピエール・ブーレーズのドメーヌ・ミュジカルのコンサートにも参加している。

1969年から1989年までは母校のパリ音楽院の教授を務めた。

ジェルザにて没[4]

脚注[編集]

  1. ^ “French violist Serge Collot has died aged 91”. The Strad. (2015年8月17日). オリジナル2016年1月13日時点によるアーカイブ。. http://www.peeep.us/357f9b31 2016年1月13日閲覧。 
  2. ^ “Disparition de Serge Collot, maître français de l’alto”. France Musique. (2015年8月12日). オリジナル2016年1月13日時点によるアーカイブ。. http://www.peeep.us/60c14e7e 2016年1月13日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]