スーパーターンスタイルアンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京タワーで使用されていたSTアンテナ6段。NHK総合とNHK教育の2放送を2重給電で放射。

スーパーターンスタイルアンテナ英語: super turn stile antenna)は広帯域で無指向性水平偏波放射することができるターンスタイルアンテナ(turn stile antenna)を、さらに大きな利得を得るために多段に積み重ねたアンテナのこと。超短波テレビジョン放送用アンテナとして広く使用されている。STアンテナ。

概要[編集]

米国のRCA社が考案したもので、コウモリのような形をしているため、バットウイングアンテナともいう。 アンテナは4つの水平ダイポールアンテナで構成されているので、単体の水平指向性は1/2波長ダイポールの指向性と同様である。水平ダイポールアンテナを上から見て東西南北90度毎に配置し、南北、東西のアンテナに90度位相差給電すると、ほぼ円形に近い指向を持つ電波を放射することができる。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水保定 『写真で学ぶアンテナ』 廣済堂、東京都、2002年5月27日、初版、232ページ(日本語)。ISBN 4-8076-0306。