スリープスプリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スリープスプリント

スリープスプリントとは、睡眠時無呼吸症候群の歯科的な治療器具である。睡眠時に着用して、下顎を前進させた状態を固定することにより、上気道の閉塞を防ぐ効果がある。

口腔内装置口腔内装具マウスピースなどということがある。

適用、不適用[編集]

  • 軽度の睡眠時無呼吸症候群に適用する。(重度の場合はCPAPを適用する。)
  • 残存歯が少ない場合は適用できない。
  • 口を完全に閉じた状態にするタイプの場合は、鼻腔の通りが悪い場合には適用できない。

副作用[編集]

  • 歯や顎関節への違和感
  • 歯列への影響など

(スリープスプリントを十分に調整すれば、副作用はほとんど防止できる。)

関連項目[編集]