スペルミジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スペルミジン
{{{画像alt1}}}
スペルミジンの構造式
識別情報
CAS登録番号 124-20-9
KEGG C00315
特性
化学式 C7H19N3
モル質量 145.25 g mol−1
外観 無色固体
密度 0.925 g/cm3、液体 (25 ℃)
融点

22–25 ℃

沸点

128–130 (℃/14 mmHg)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

スペルミジン (spermidine) はポリアミンに分類される有機化合物で、細胞代謝の際にRNAポリメラーゼの一種である酵素T7 RNAポリメラーゼを活性化するのに利用されることがある。

一酸化窒素合成酵素 (nNOS) を阻害する、DNAへの結合・誘発作用を持つ、T4 ポリヌクレオチドキナーゼ活性を誘起する、などの特徴がある。DNA結合タンパク質の精製に利用することもできる。

調整時における注意[編集]

無菌の溶液が必要な場合はろ過によって調製すべきであり、オートクレーブを用いてはならない。放置すると脱アミノ化を起こすので、凍結させて保存する必要があり、頻繁に新しい溶液を調製しなければならない。また匂いは男性の精液に酷似する。

関連項目[編集]