スターバト・マーテル (ペルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スターバト・マーテルStabat Mater )は、アルヴォ・ペルトが作曲した、ソプラノカウンター・テノールテノールヴァイオリンヴィオラチェロのための声楽曲。演奏時間は約25分。

概要[編集]

1985年にアルバン・ベルク財団らの委嘱によって作曲された声楽曲で、同年に初演された。『ヨハネ受難曲』や『テ・デウム』に次いで、ペルトの最も大きい作品である。ペルトの作品の中では、この『スターバト・マーテル』は重要な作品として位置付けられており、歌詞はラテン語を用いられている。