ジョージ・ランプルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ランプルー
人物情報
生誕 1859年4月8日
死没 1926年10月9日(満67歳没)
学問
研究機関 英国地質調査所
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1925年)
テンプレートを表示

ジョージ・ランプルー(George William Lamplugh、1859年4月8日 - 1926年10月9日)はイギリス地質学者である。

1892年から英国地質調査所で働き、のちに副所長になった。1918年から1920年までロンドン地質学会の会長を務めた。白亜紀地層の研究や、氷河の研究で知られる。

アラスカグレイシャー湾の13kmの長さのランプルー氷河に命名された。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]