コンテンツにスキップ

ジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ
Giovan Battista Crespi
ミラノ、サンタ・マリア・プレッソ・サン・チェルソ教会の天井装飾
誕生日 (1573-12-23) 1573年12月23日
出生地 ロマニャーノ・セージア
死没年 1632年10月23日(1632-10-23)(58歳没)
死没地 ミラノ
テンプレートを表示

イル・チェラーノ(Il Cerano)の別名でも知られるジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ(Giovan Battista Crespi、1573年12月23日1632年10月23日)は、イタリアの画家、彫刻家、建築家である。ミラノなどで働き、宗教画を描いた。

略歴

[編集]

現在のピエモンテ州ノヴァーラ県ロマニャーノ・セージアで生まれた[1] 。父親はラファエレ・クレスピ(Raffaele Crespi)という画家で、父親から絵を学んだ。弟のオルテンシオ・クレスピ(Ortensio Crespi: 1578-1631)も画家になった[2] 。家族はその後、近くの町、チェラーノに移り、別名はこの町の名前に由来する。

1591年にはミラノに住んでいた記録があり、ミラノの枢機卿の一族ボッロメーオ家の宮殿の装飾画を描いた記録があり、ロンバルディア各地の教会の祭壇画を描いた。1596年頃、枢機卿フェデリコ・ボッロメーオの随員としてローマに旅し、イル・チェラーノの作品に見られる傾向からフィレンツェ、ボローニャをも訪れた可能性もあるとされるが、同時代にミラノで働いた画家カミッロ・プロカッチーニ(1561-1629)のスタイルから学んだ可能性もある。ヴェネツィアを訪れ、ティツィアーノやティントレットの絵画を研究したとする説もある。

1602年から1603年ころから、建設が続けられていたミラノのドゥオーモの装飾画も描いた。

ミラノを代表する宗教画化になり、枢機卿フェデリーコ・ボッローメオによってミラノに創設されたアッカデミア・アンブロジアーナ(Accademia Ambrosiana)の校長にに1621年に任じられた。クレスピが教えた学生にはダニエレ・クレスピ(Daniele Crespi: 1598-1630) やカルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(Carlo Francesco Nuvolone: 1608/1609-1661/1662)メルキオーレ・ゲラルディーニ(Melchiorre Gherardini: 1607–1668)らがいる。

作品

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ Marco Rosci (Hrg.): Il Cerano. Protagonista del Seicento lombardo 1573–1632 (Katalog der Ausstellung im Palazzo reale, Mailand, 24. Februar-5. Juni 2005), Federico Motta, Mailand, 2005 (siehe auch die Zusammenfassung auf der Website von Hoepli (Abruf am 17. Oktober 2020))
  2. ^ Marco Rosci: Crespi, Giovanni Battista, detto il Cerano. In: Alberto M. Ghisalberti (Hrsg.): Dizionario Biografico degli Italiani (DBI). Band 30: Cosattini–Crispolto. Istituto della Enciclopedia Italiana, Rom 1984.

参考文献

[編集]
  • Crespi, Giovanni Battista. In: Ulrich Thieme (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 8: Coutan–Delattre. E. A. Seemann, Leipzig 1912, S. 91–93 (Textarchiv – Internet Archive).
  • Crespi, 1) Giovanni Battista, Artikel in: Meyers Konversationslexikon, Bd. 4, Vierte Auflage, Leipzig und Wien, 1888–1890, S. 336
  • Crespi, Giovanni Battista (gen. il Cerano), Artikel in: Lexikon der Kunst, Bd. 3, Karl Müller Verlag, Erlangen, 1994, S. 316 f
  • Gian Alberto Dell’Acqua: La Pittura a Milano dalla metà del XVI secolo al 1630, in: Storia di Milano X, Mailand 1957, S. 726 ff.
  • Mina Gregori: Il Cerano, Arti Grafiche Ricordi, Mailand, 1964
  • Nikolaus Pevsner: Die Gemälde des Giovanni Battista Crespi, genannt Cerano, in: Jahrbuch der Preußischen Kunstsammlungen XLVI, Berlin, 1925, S. 259 f.
  • Marco Rosci: Crespi, Giovanni Battista, detto il Cerano. In: Alberto M. Ghisalberti (Hrsg.): Dizionario Biografico degli Italiani (DBI). Band 30: Cosattini–Crispolto. Istituto della Enciclopedia Italiana, Rom 1984.
  • A. Ottino Della Chiesa
  • Marco Rosci (Hrg.): Il Cerano. Protagonista del Seicento lombardo 1573–1632 (Katalog der Ausstellung im Palazzo reale, Mailand, 24. Februar – 5. Juni 2005), Federico Motta, Mailand, 2005
  • Giovanni Testori: Manierismo piemontese e lombardo del '600 (Ausstellungskatalog), Turin, 1955, S. 41 ff.