ジョン・ウートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・ウートン(John Wootton、1682年頃 – 1764年11月13日[1])はイギリスの18世紀の画家である。競走馬の絵や、騎馬人物の絵、戦場の情景を描いた。

略歴[編集]

ウォリックシャーのSnitterfieldに生まれた。経歴はあまり知られていないが、オランダ生まれでイギリスで戦場画を描いたことで知られるヤン・ウィク(Jan Wyck:1652–1702)のもとで1700年以前に修行したと思われる[1]ボーフォート公爵がパトロンとなって、1710年にローマで修行した[2]。18世紀のイギリスで競馬の中心地であったニューマーケットで多くの競走馬の絵を描いた。

同時代に家畜や動物を描いたイギリスの画家にはピーター・ティルマンズ(Peter Tillemans:c.1684–1734)やジェームズ・セイモア(James Seymour:1702–1752)もいた[3]。イギリスの動物画家としては、後代の画家、ジョージ・スタッブス(George Stubbs:1724-1806)のほうが評価が高い。

ジョン・ウートンは、馬を題材にした絵画以外に、戦闘の場面を描いた歴史画も製作し、風景画も描いた。イギリスにおける風景画のパイオニアの一人とされる、ジョージ・ランバートはウートンの教えを受けた。


作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Deuchar, S. (2003). "Wootton, John". Grove Art Online.
  2. ^ Jen Longshaw, John Wootton sur Passion For Paint
  3. ^ Waterhouse, 297–298

参考文献[編集]

  • Waterhouse, Ellis (1978). Painting in Britain, 1530-1790 (4th Edn ed.). Penguin Books: Yale History of Art series. ISBN 0-300-05319-3.
  • Meyer, Arline (1984). John Wootton: Landscape and Sporting Art in Early Georgian England. Kenwood House, London: the Iveagh Bequest.