ジョニー・ウィルソン (アイスホッケー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョニー・ウィルソン1929年6月14日 - 2011年12月27日)はカナダオンタリオ州キンカーディン出身のアイスホッケー選手、指導者。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

NHLデトロイト・レッドウィングスシカゴ・ブラックホークストロント・メープルリーフスニューヨーク・レンジャースで合計668試合に出場し、332ポイントをあげた[1]。その間1950年、1952年、1954年、1955年と4回スタンレー・カップ優勝を味わっている。1952年から1961年にかけて580試合連続出場を果たした[2]

1962年に現役を引退し、1967-68年より、AHLスプリングフィールド・キングスのヘッドコーチとなった。1969-1970シーズンにロサンゼルス・キングス、1971-72シーズン途中から1972-1973シーズンにデトロイト・レッドウィングス、1974-75シーズンにはWHAミシガン・スタッグズ(シーズン中に解散し、ボルチモア・ブレイド)、1975-76シーズンにはクリーブランド・クルセイダーズ、1976-77シーズンにはNHLのコロラド・ロッキーズ、1977-78シーズンから3シーズン、ピッツバーグ・ペンギンズのヘッドコーチを務めた[1]

2011年12月27日、逝去[3]。82歳没。

家族[編集]

弟のラリー・ウィルソンもNHL選手であり、デトロイト・レッドウィングスの暫定ヘッドコーチも務めた。ラリーの息子のロン・ウィルソンもNHL選手経験があり、NHLのヘッドコーチを務めている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Johnny Wilson”. 2011年8月28日閲覧。
  2. ^ Johnny Edward Wilson”. legendsofhockey.net. 2011年8月28日閲覧。
  3. ^ Former NHLer and Leafs coach's uncle Johnny Wilson dies トロント・サン 2011年12月27日閲覧

外部リンク[編集]