ジョイ・ボートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョイ・ボートン
Joy Boughton
基本情報
出生 1913年6月14日
死没 1963年
ジャンル クラシック
職業 オーボエ奏者

クリスティーナ・ジョイアンス・ボートンChristina Joyance Boughton[1], 1913年6月14日 - 1963年)は、イングランドオーボエ奏者

略歴[編集]

1913年6月14日に作曲家ラトランド・ボートンとその妻で画家のクリスティーナ・ウォルシェ(Christina Walshe)の娘として生まれた。やがてジョイはレオン・グーセンスにオーボエを師事し、1929年から1937年には王立音楽大学で学んだ。王立音楽大学では死去する前のわずかな期間、オーボエの教授として教鞭も執っていた。1951年、作曲家のベンジャミン・ブリテンはジョイに「オウィディウスによる6つのメタモルフォーゼ」を献呈しており、彼女は同年のオールドバラ音楽祭でこれを初演している。彼女はブリテンがイギリス・オペラ・グループを設立する手助けを行い、またフルートのジョン・フランシス(John Francis)、ピアノのミリセント・シルヴァー(Milllicent Silver)と共にシルヴァン・トリオ(Sylvan Trio)を結成した。

1937年、ジョイは父のラトランド・ボートンが彼女のために作曲したオーボエ協奏曲を、オックスフォードの演奏会でボイド・ニール弦楽オーケストラと共に初演した。彼女は劇場興行主のクリストファー・イード(Christopher Ede)と結婚し、2人の子ども、ロビン(Robin)とペニー(Penny)を儲けた。彼女の想い出に捧げる演奏会が、1963年4月に王立音楽大学で開かれた。

脚注[編集]

  1. ^ 一般にはジョイとして知られている。

関連書籍[編集]