ジャン=ミシェル・デュリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャン-ミッシェル・デュリエ(Jean-Michel Duriez,1961年12月21日 - )は、アミアン生まれのフランス調香師

1997年から2004年までジャン・パトゥとロシャスの調香師として活躍。その他、ドルチェ&ガッバーナエスカーダラコステヨウジヤマモトの香水を調香。2016年12月に、自身の名前を冠したブランド『ジャン-ミッシェル・デュリエ パリ』をスタート。

経歴[編集]

1961年12月21日生まれ、アミアン出身。幼少期より、庭に生えているミントの葉とバラの花びらを混ぜ合わせ、また、小さなカバンに香料をつめたものを常に持ち歩いていた[1]

1983年にISIP(Institut Supérieur International du Parfum、現在のISIPCA(Institut Supérieur International du Parfum et de la Cosmétique et de l'Aromatique Alimentaire)に入学、翌年にグラースにて研修を受ける。

1986年にパリのE.D.O. (Études et Diffusions Olfactives)にて調香師となる。1989年に花王に入社。

1997年ジャン・パトゥに参画、翌1998年にJean Kerléoの後継として、ジャン・パトゥの香水製作の指揮を執る調香師となる。ジャン・パトゥのみならず、ラコステ、ヨウジヤマモトの香水も手がける[2]

2001年、ジャン・パトゥがプロクター・アンド・ギャンブルに買収される。デュリエは調香師としてジャン・パトゥに残り、2003年に“Enjoy”、2006年に“Sira des Indes”を発表。

2006年、パリの高級ホテルHôtel Le Bristolの香水を手がける[3]

2008年、ロシャスの調香師に任命される[4]。2009年の“Eau Sensuelle”[5]、2010年の“Eau de Rochas fraîche”[6]、2012年及び2013年のコレクション“Les Cascades de Rochas”を含めた8個の香水を発表[7]

2016年、キャリア30年を迎え、自身の名前を冠したブランドJean-Michel Duriez Parisを設立[8]。ファーストコレクション“Paris sur Seine”は、恋の物語やパリにおける出会いからインスピレーションを受け2017年に発表されたセカンドコレクション“Paris en mai”はパリの5月に花咲き乱れる庭園からインスピレーションを受けている。

コラボレーション[編集]

デュリエは数々の料理人と、料理と香水をミックスさせたコラボレーションを手がけている。

2007年、エリック・フレションとともに“dégustation-olfaction”(味覚と嗅覚)というコンセプトのもと、料理に思いがけない香りを足すことを思いつく。このイベントは、Comité Colbertとの関係により、2006年のFIACで実現された[9]

また、ピエール・エルメとも長い交友関係にある。2012年に、Agnès Viénotから『Au Cœur du Goût』をエルメと共著で出版した[10]。パティスリーとパフュームリーの調和からインスピレーションを受けた70のレシピを提案している。デュリエは、エルメが彼の味覚を訓練する過程において、彼の嗅覚をも増大させた、と語っている。

2006年には、ミシュランの星付きシェフであるエレーヌ・ダローズの出身県であるLandes県の香りからインスピレーションを受けた、彼女の名を冠したレストランのためのキャンドルを作成[11]

作品[編集]

デュリエは以下の作品を生み出した[12]

Jean-Michel Duriez Paris[編集]

コレクション『Paris sur Seine』[編集]

  • L'Étoile et le Papillon (2016)
  • Bois froissés (2017)
  • Seine amoureuse (2017)
  • Mon Paris secret (2017)
  • Bleu framboise (2017)
  • Double-fond (2017)
  • L'illusiomagiste (2017)
  • Ombres furtives (2018)

コレクション『Paris en mai』[編集]

  • Mes fleurs de roses (2017)
  • Mes fleurs de tulipes (2017)
  • Mes fleurs d'ambre (2017)

Jean Patou[編集]

  • Un Amour de Patou (1998)
  • 2000 en Patou (2000)
  • Patou Nacre (2001)
  • Patou Hip (2001)
  • Paname de Patou (2001)
  • Enjoy - Jean Patou (2003)
  • Sira des Indes (2006)

Rochas[編集]

  • Eau Sensuelle - Rochas (2009)
  • Eau de Rochas Fraîche (2010)
  • Muse de Rochas (2011)
  • Cascades de Rochas - Éclats d'agrumes (2012)
  • Cascades de Rochas - Songe d'Iris (2013)
  • Secret de Rochas (2013)
  • Secret de Rochas - Oud Mystère (2014)
  • Secret de Rochas - Rose Intense (2015)

その他[編集]

  • Yohji Essential - Yohji Yamamoto (1998)
  • Yohji homme - Yohji Yamamoto (1999)
  • Lacoste for Women (1999)
  • Lacoste 2000 - (2000)
  • Yohji Senses -Yohji Yamamoto (2001)
  • D&G no 18 - La Lune - Dolce & Gabbana (2009)
  • Especially Escada EDP (2011)
  • Especially Escada - Delicate notes (2012)
  • Especially Escada - Elixir (2013)
  • Lacoste L!VE EDT Homme (2014)

コラボレーション作品[編集]

  • キャンドル『Herbe d'amandes』(ピエール・エルメ)
  • キャンドル『Caramel d'ambre』(ピエール・エルメ)
  • キャンドル『Bourgeon de cassis』(ピエール・エルメ)
  • レストラン『Hélène Darroze』のためのキャンドル
  • ホテルブリストルのためのキャンドル及びルームフレグランス
  • Amanda de Montal - Parfums de Gascogneのための8つのキャンドル及びルームフレグランス(2017)
  • ピエール・エルメとの共著『Au Cœur du Goût』Agnès Viénot、2012年。

出典[編集]

  1. ^ “Parfumeur depuis l'enfance” (フランス語). http://www.journaldesfemmes.com/beaute/parfum/rencontre-avec-jean-michel-duriez-parfumeur-maison-rochas/le-parfum-une-passion.shtml 2018年7月19日閲覧。 
  2. ^ “[http://www1.rfi.fr/francefr/articles/092/article_55273.asp RFI - Jean-Michel Duriez, le « nez » de Jean Patou]” (フランス語). www1.rfi.fr. 2018年7月19日閲覧。
  3. ^ LA FRAGRANCE DU BRISTOL - PARIS” (フランス語). www.luxemode.fr. 2018年7月19日閲覧。
  4. ^ “Jean-Michel Duriez, nouveau parfumeur-créateur de la maison Rochas - Elle” (フランス語). (2012年8月14日). http://www.elle.fr/Beaute/News-beaute/Parfums/Jean-Michel-Duriez-nouveau-nez-de-Rochas-780627 2018年7月19日閲覧。 
  5. ^ “L'Eau de Rochas se fait Sensuelle - Auparfum” (フランス語). Auparfum - Le magazine de tous les parfums. http://www.auparfum.com/l-eau-de-rochas-se-fait-sensuelle 2018年7月19日閲覧。 
  6. ^ Osmoz. “Parfum EAU DE ROCHAS fraîche de Rochas – OSMOZ” (フランス語). www.osmoz.fr. 2018年7月19日閲覧。
  7. ^ “Les Cascades de Rochas Songe d'Iris, le nouveau parfum signé Rochas” (フランス語). http://www.journaldesfemmes.com/beaute/magazine/1130911-les-cascades-de-rochas-songe-d-iris-le-nouveau-parfum-signe-rochas/ 2018年7月19日閲覧。 
  8. ^ “Jean-Michel Duriez lance sa maison de parfum et une boutique éphémère” (フランス語). http://www.journaldesfemmes.com/beaute/parfum/1717867-jean-michel-duriez-lance-sa-maison-de-parfum-boutique-ephemere/ 2018年7月19日閲覧。 
  9. ^ Sèvres - Cité de la céramique - Accueil” (英語). www.sevresciteceramique.fr. 2018年7月19日閲覧。
  10. ^ “Au coeur du goût, le nouveau livre de Pierre Hermé” (フランス語). Hellocoton.fr. http://www.hellocoton.fr/au-coeur-du-gout-le-nouveau-livre-de-pierre-herme-6421339 2018年7月19日閲覧。 
  11. ^ “Une bougie parfumée signée Hélène Darroze” (フランス語). Marie Claire. https://www.marieclaire.fr/maison/une-bougie-parfumee-signee-helene-darroze,200315,1140425.asp 2018年7月19日閲覧。 
  12. ^ Nose Jean-Michel Duriez” (英語). www.fragrantica.com. 2018年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]