ジャン・ド・トゥルヌ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャン・ド・トゥルヌ2世(Jean de Tournes, 1539年 - 1615年)は、フランススイス印刷出版業者。著名な出版業者ジャン・ド・トゥルヌの息子で、父の死後事業を継いだ(1564年)。それから1585年まではフランス国王の御用業者 (Imprimeur du Roi) としてリヨンで活動していたが、父と同じく宗教的にはプロテスタント寄りだったために、1567年には2ヶ月間投獄されたこともあった。

結局1585年にジュネーヴに移住し、その地で1615年に歿するまで出版事業を営んだ。彼の子孫(ジャン3世、サミュエル、ジャン=アントワーヌたち)はその後もジュネーヴを拠点として出版事業を行った。

参考文献[編集]

  • Jean-Dominique Mellot, Élisabeth Queval, Répertoire d'imprimeurs/ libraires (vers 1500 - vers 1810) , Paris ; Bibliothèque Nationale de France, 2004