ジャワーン・シング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャワーン・シング
Jawan Singh
ウダイプル藩王
Maharana Javan Singh of Udaipur - Tazkirat al-umara (1830), f.8v - BL Add. 27254.jpg
ジャワーン・シング
在位 1828年 - 1838年
別号 マハーラーナー

出生 1821年7月2日
ウダイプル
死去 1838年8月30日
ウダイプル
王朝 シソーディヤー朝
父親 ビーム・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ジャワーン・シング(Jawan Singh, 1821年7月2日 - 1838年8月30日)は、北インドラージャスターン地方ウダイプル藩王国の君主(在位:1828年 - 1838年)。

生涯[編集]

1821年7月2日ウダイプル藩王国の君主ビーム・シングの息子として、ウダイプルで誕生した[1][2]

1828年3月30日、父王ビーム・シングが死亡したことにより、王位を継承した[1][2]

1821年7月2日、ジャワーン・シングはウダイプルで死亡した[1][2]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]