ジャスパー・ウィルソン・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャスパー・ウィルソン・ジョーンズ(英語:Jasper Wilson Johns1824年 - 1891年7月26日)は、イギリス土木技師商社社員鉄道事業家自由党議員[1]第1次伊藤内閣の法制顧問フランシス・テイラー・ピゴットの義理の父。

経歴[編集]

1824年、西ウェールズカーディガンシャーで父トマス・エヴァンス・ジョーンズと母エリザベス・テューダー・エイヴィスの間に生まれ、1854年までは土木技師、その後はロンドンの鉄鋼商社ウィリアム・バードの社員となった。同社がロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道に買収されるまでは、ウェールズの支社の副支店長や支店長として熱心に鉄道事業を推進した。

ウェールズモンゴメリーでは第3ライフル義勇軍初期の隊長としても活躍。また、メリオネスやモンゴメリの治安判事や、メリオネスの副大尉を務めた[2]1855年にエミリー・テリーザ・バードと結婚。

1865年1868年にはノーザラートン選挙区で庶民院議員に立候補するがいずれも落選。1885年のイギリス総選挙ではイングランドウォリックシャー北部ナニートン選挙区で当選して議員を務めたが、同年の総選挙では落選し引退した。なお、同時期の議員には、江戸時代の日本の長州五傑の英国留学を支援したジャーディン・マセソン商会の創立者ウィリアム・ジャーディンの孫であるロバートがいる[3]

ジョーンズは1891年に67歳で死去し、ブルックウッド墓地に埋葬された。妻エミリーと娘婿フランシス・テイラー・ピゴット(1925年死去)と同じ墓である。

アジアとの関わり[編集]

伊藤博文の法制顧問の法学者フランシス・テイラー・ピゴット(1908年)

娘のマーベルは1881年、法学者フランシス・テイラー・ビゴットと結婚し、息子のフランシス・スチュワート・ギルデロイ・ピゴットを設けた[4]

マーベルの夫のピゴットは法学者として日本政府に招聘され、1887年から1889年まで第1次伊藤内閣および黒田内閣の法制顧問を務めた。日本においては1889年黒田内閣の時期に本国へ帰国し自殺したと伝えられていたが、その後はベーリング海仲裁裁判所英語版モーリシャス最高裁判所英語版を経て、1905年からは香港英国最高領事裁判所長官英語版を務めた[5]。ピゴットが日本政府に提出した意見書等は、1934年に刊行された『秘書類纂』などに残されている。

その後マーベルは1896年には植民地看護協会を創立。1901年には同協会の名誉副会長となったが、当時は会長がグレイ卿、副会長はオンズロー卿英語版であり、他にウィンストン・チャーチル保守党議員)ジェームズ・ウィルコックス英語版大佐、カスバート・クィルター英語版バルフォア・オブ・バーレイ卿英語版夫人、ヒューバート・ジャーニンガム英語版ウェストミース卿英語版など数々の有力者が参加していた[6]

マーベルの息子のフランシス・ステュワート・ギルデロイ・ピゴットは、東京府駐在武官となり、昭和天皇訪英の際に接伴員を務めた。

ジョーンズの曾孫となるフランシス・ジェームズ・クロード・ピゴット(1910年 - 1996年)も同様にイギリス大使館駐在武官として勤務した。

出典[編集]

  1. ^ Historical list of MPs: constituencies beginning with "N", part 3”. Leigh Rayment's House of Commons pages. 2010年1月4日閲覧。
  2. ^ Debretts Guide to the House of Commons 1886
  3. ^ Craig, F. W. S. (1989) [1974]. British parliamentary election results 1885?1918 (2nd ed.). Chichester: Parliamentary Research Services. p. 408. ISBN 0-900178-27-2 
  4. ^ Extract from ODNB
  5. ^ 官報(NDL)
  6. ^ The Colonial Nursing Association, ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル, 1901. US National Library of Medicine.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]