ジム・トンプソンの家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・トンプソンの家

ジム・トンプソンの家 (Jim Thompson House) は、タイバンコクパトゥムワン区にある博物館。現在はバンコクでも人気の観光地のひとつとなっている。

概要[編集]

アメリカの実業家でタイのシルク王ジム・トンプソンが、マレーシアキャメロン・ハイランドで謎の失踪を遂げる直前まで住んでいた家。1950、60年代に彼がタイ各地で集めてきた種々の建築様式が取り入れられている。

トンプソンはシルク会社を立ち上げた頃、東南アジアの芸術作品を集めていた。トンプソンはタイだけでなく、当時のビルマカンボジアラオスも仏教芸術品の収集先としていた。しばしばこれらの国に作品を収集するために出かけていた。ジム・トンプソンの家には、トンプソンが収集した仏教芸術作品などが展示されている。

1977年の日本映画『激殺! 邪道拳』でロケーション撮影にも使われた。

アクセス[編集]

  • セン・セープ運河を走る運河船を利用すると、家の前にちょうど停留所があるので便利。

外部リンク[編集]

座標: 北緯13度44分57秒 東経100度31分42秒 / 北緯13.74917度 東経100.52833度 / 13.74917; 100.52833