ジェームズ・ハミルトン (第4代バーゲニー卿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第4代バーゲニー卿ジェームズ・ハミルトン英語: James Hamilton, 4th Lord Bargeny1710年11月29日1736年3月28日)は、スコットランド貴族

生涯[編集]

第3代バーゲニー卿ウィリアム・ハミルトンと2人目の妻マーガレット・ダンダス(Margaret Dundas、1717年3月30日没)の息子として、1710年11月29日に生まれた[1]。1712年頃に父が死去すると、バーゲニー卿の爵位を継承した[1][2]

当時の貴族の風習として、外国旅行の形で教育を受けたという[1]

1736年3月28日にエディンバラで死去、4月5日に埋葬された[1]。生涯未婚であり、彼の死に伴い初代バーゲニー卿ジョン・ハミルトンの男系男子は断絶、バーゲニー卿の爵位も廃絶したとされる[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (英語). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 423.
  2. ^ a b "Bargeny, Lord (S, 1641 - 1736)". Cracroft's Peerage (英語). 6 May 2010. 2019年9月14日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
ウィリアム・ハミルトン
バーゲニー卿
1712年 – 1736年
断絶