ジェームズ・クック (共同親権の父)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェームズ・クック(James Cook: 1923年 - 2009年2月21日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州の「共同監護法」の制定に尽力した。共同監護の父と呼ばれている。

略歴[編集]

インディアナ州に生まれ、1949年にUCLAを卒業し、アメリカ合衆国情報局に10年間在籍した。ランド研究所で働いたことがある。また、商業資産の所有者たちのためのロビイストであった。後年はGlobal Children's Organization のメンバーとして活動した。2009年2月21日、カリフォルニア州のロサンゼルスにて85歳で死亡した[1][2][3][4]

1974年に妻から離婚を言い渡された。一人息子を、元妻と共同で育てようとするが、当時の法制度では、不可能であった。友人達と「共同監護協会Joint Custody Association」を設立し、カリフォルニア州政府に働きかけを行った。1979年、カリフォルニア州政府は、全米で初めて共同監護法を制定し、翌年施行した。その後この法律は全米50州で施行されている。現在、50州のうち37州とワシントンD.C.においては、共同監護は、例外的な適用ではなく、原則的な適用になっている。ジェームズ・クックの一人息子は、現在カリフォルニア州で弁護士をしており、同じ弁護士の妻との間に3人の子どもがある[5][6][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Fathers & Families 2009.3.2
  2. ^ Fathers & Families 2009.3.6
  3. ^ Los Angeles Times 2009.3.12
  4. ^ Joint Custody, Sole Custody (Conciliation Courts Review, Volume 18, No. 1, June 1980)(現在は雑誌名変更にてFamily Court Review)
  5. ^ NPR 2009.3.12
  6. ^ Time 2001.11.19
  7. ^ 棚瀬一代 『離婚で壊れる子どもたち 心理臨床家からの警告』 光文社2010年2月17日、139頁。ISBN 978-4-334-03550-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]