ジェデダイア・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェデダイア・スミス

ジェデダイア・ストロング・スミスJedediah Strong Smith, 1799年1月6日 - 推定1831年5月27日)は罠猟師で毛皮交易に携わったマウンテンマン、地図製作者であり、探検記を書いた。19世紀初頭にアメリカ南西部からロッキー山脈にわたって探険し大陸分水嶺を越えてアメリカ北西部に入っており、のちのサウス・パスにあたる道筋をつけた。その功績が評価されたのは20世紀初頭で、オレゴン・トレイルの整備が進むとサウス・パスを経由してロッキー山脈より西への交通ができるようになったことから、スミスが白人植民者の西部開拓に与えた影響は大きい。

カリフォルニア州のスミス川とオレゴン州のスミス川[1]およびワイオミング州のベア川支流スミスズフォークの名前はスミスに由来する[2][3]。またグリーン川支流ブラックスフォークの支流スミスズフォークもおそらくスミスに由来する [4]

脚注[編集]

  1. ^ McArthur, Lewis A.; McArthur, Lewis L. (2003) [1928]. Oregon Geographic Names (7 ed.). Portland: Oregon Historical Society Press. pp. 889–90. ISBN 0-87595-277-1. https://books.google.com/books/about/Oregon_Geographic_Names.html?id=TK0RAQAAIAAJ. 
  2. ^ Morgan, Dale L; Wheat, Carl I (1954). Jedediah Smith and his Maps of the American West. San Francisco: California Historical Society. p. 1. 
  3. ^ Lincoln County Photos”. G. B. Dobson. 2011年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月27日閲覧。
  4. ^ Morgan, Dale L; Wheat, Carl I (1954). Jedediah Smith and his Maps of the American West. San Francisco: California Historical Society. p. 51. 

外部リンク[編集]