シンナモイルCoA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンナモイルCoA(Cinnamoyl-CoA)は、フェニルプロパノイド代謝経路の中間生成物である。

シンナモイルCoAを用いる酵素[編集]

シンナムアルデヒド + CoA + NADP+ → シンナモイルCoA + NADPH + H+
3 マロニルCoA + シンナモイルCoA → 4 CoA + ピノシルビン + 4 CO2
(E)-シンナモイルCoA + (R)-フェニル乳酸 → (E)-ケイヒ酸 + (R)-フェニルラクチルCoA