シンクイムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンクイムシ
Achroia grisella caterpillars kleine wasmot rupsen (1).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : メイガ上科 Pyraloidea
: メイガ科 Pyralidae
あるいは ツトガ科 Crambidae
学名
Pyralidae
Latreille, 1802

Crambidae
Latreille, 1810

和名
シンクイムシ
英名
本文参照
種類
本文参照

シンクイムシ(芯喰い虫、Snoutworm)は鱗翅目のうち、果実や野菜、樹木の芯を食べる、主にメイガ科(暝蛾 Pyralidae)などの幼虫を指す俗称。他にもツトガ科 Crambidaeやハマキガ科 Tortricidaeなど。農業及び林業に影響を与える害虫として扱われる。ヤマメイワナニジマスなどの渓流釣り釣り餌として使われている。

種類[編集]

利用[編集]

飼料[編集]

鑑賞魚の他、カエルイモリサンショウウオなどの両生類トカゲなどの爬虫類鳥類、小型哺乳類などのとしても利用される。

関連項目[編集]

脚注・参考文献[編集]