シロエリオオハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シロエリオオハム
PacificLoon24.jpg
シロエリオオハム(夏羽)Gavia pacifica
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: アビ目 Gaviiformes
: アビ科 Gaviidae
: アビ属 Gavia
: シロエリオオハム G. pacifica
学名
Gavia pacifica
Lawrence, 1858
和名
シロエリオオハム
英名
Pacific Diver (英)
Pacific Loon (米)

シロエリオオハム(白襟大波武、学名Gavia pacifica) は、アビ目アビ科に分類される鳥類の一種である。日本へは冬鳥として多数飛来する。日本で観察されるアビ科の鳥の多くは本種である。

分布[編集]

シベリア東北部からアラスカカナダ繁殖し、冬季は北アメリカ北部から西部の沿岸や、アリューシャン列島千島列島を経由し日本、中国の東シナ海まで南下して越冬する。

日本では冬鳥として九州以北に飛来する。南西諸島での記録は少ない。

形態[編集]

全長約65cm。オオハムより小型で、前頸は紫色光沢のある黒色で、後頸がうすく白い。背は黒色で白い角斑が並ぶ。はまっすぐとがるがオオハムに比べかなり短い。冬羽は後頸、背が黒褐色。前頸は白く、喉に首輪状の細い黒線があるが不明瞭なこともある。雌雄同色である。

生態[編集]

越冬時は、海上で生活し、魚類などを捕食する。港湾や沿岸近くの湖沼に入ることもある。

鳴き声は「グァーン」または「グォーイ」などのように聞こえる。

人間との関係[編集]

かつて瀬戸内海では、本種の生態を利用した鳥持網代と言われる漁が行われていた。この漁の詳細についてはアビを参照。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

関連項目[編集]