シュリンゲーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュリンゲーリのシャンカラ派総本山

シュリンゲーリカンナダ語:ಶೃಂಗೇರಿ Śr̥ṅgēri、英語:Sringeri)は、インドカルナータカ州チッカマガルール県の都市。ヒンディー語ではシュリーンゲーリー(Śr̥ṅgērī)となる。 ヒンドゥー教の聖地である。

歴史[編集]

8世紀、初代シャンカラが定住し、僧院を開設したことにより聖地となった。また、この地はシャンカラ派の総本山となった。

その後、ヒンドゥー教の聖地であり続け、ムスリムですら敬意を払っていた。その例として、マイソール王国の支配者ティプー・スルターンはシュリンゲーリの僧侶ともよく交流し、財政援助をしたばかりか、国家鎮護の供義執行まで依頼している[1][2]。また、1791年にこの寺院のシャーラダー女神像がマラーターの騎兵に略奪されると、彼はその再建費用を援助さえしている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p.214
  2. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p.47
  3. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p.23

参考文献[編集]

  • 辛島昇編 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年
  • ビパン・チャンドラ; 栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年 

関連項目[編集]