シュラッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュラッグウエイトトレーニングの基本的種目の一つ。僧帽筋上部の筋肥大を促し、筋力を高めることができる。

ダンベル・シュラッグ(スタート)
ダンベル・シュラッグ(フィニッシュ)
バーベル・シュラッグ(スタート)
バーベル・シュラッグ(フィニッシュ)
ケーブル・シュラッグ(スタート)
ケーブル・シュラッグ(フィニッシュ)


具体的動作[編集]

ダンベル・シュラッグ[編集]

  1. 適当な重量のダンベルを両手に持って立ち、上体を15°程度前傾させる。
  2. 腕を伸ばしたまま肩を真上に上げる。
  3. 2と逆の動作で1の体勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

バーベル・シュラッグ[編集]

  1. 適当な重量のバーベルを両手に持って立ち、上体を15°程度前傾させる。
  2. 腕を伸ばしたまま肩を真上に上げる。
  3. 2と逆の動作で1の体勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

バーベル・ビハインド・シュラッグ[編集]

  1. 適当な重量のバーベルを両手に持って立つ。バーベルは体の後ろに持つ。
  2. 腕を伸ばしたまま肩を真上に上げる。
  3. 2と逆の動作で1の体勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。

ケーブル・シュラッグ[編集]

  1. ロープーリーにストレートバーをセットする。
  2. ハンドルを両手に持って立つ。
  3. 腕を伸ばしたまま肩を真上に上げる。
  4. 3と逆の動作で1の体勢に戻る。
  5. 3~4を繰り返す。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 窪田登、『ウイダー・トレーニング・バイブル』、森永製菓株式会社健康事業部。
  • 『かっこいいカラダ the best』、ベースボールマガジン社。