シャトー・クレール・ミロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シャトー・クレール・ミロンフランス語: Château Clerc Milon)とは、フランスジロンド県に属するコミューンの1つであるポーイヤックに存在する、アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ製品を作る、ワイナリー(ワインの醸造所)の1つである。

概要[編集]

2011年に完成した、シャトー・クレール・ミロンの新しい建物のテラスの部分。2012年5月13日撮影。
シャトー・クレール・ミロンのワイン熟成場の様子。2012年5月13日撮影。
2005年のシャトー・クレール・ミロンのワインの瓶。および、その中身をグラスに注いだところ。

ポーイヤックワインの生産で有名なコミューンであり、例えばシャトー・ラトゥールシャトー・ムートン・ロートシルトシャトー・ラフィット・ロートシルトといった著名なワイナリーが存在している。特にシャトー・ラフィット・ロートシルトは、シャトー・クレール・ミロンのすぐ北西に位置している。このシャトー・ラフィット・ロートシルトはメドックの格付けにおいて最高の第1級を取れているのに対して、シャトー・クレール・ミロンは最低の第5級でしかない [1] 。 シャトー・クレール・ミロンは、2012年現在、約41haのワイン醸造用のブドウを栽培するための畑を持っている [2] 。 栽培されているブドウの品種は、2012年現在、カベルネ・ソーヴィニヨンが41%、メルローが37%、カベルネ・フランが11%、プティ・ベルド英語版が2%、カルメネールが1%である [2] 。 なお、2012年現在のブドウの栽培密度は、1ha当たり、約1万本のブドウの木を植えている状態である [2]

歴史[編集]

(英語版のhistoryの節を読んでください。)

出典[編集]

  1. ^ Karen MacNeil、『The Wine Bible』 Workman Publishing 2001 p.885 ISBN 1-56305-434-5
  2. ^ a b c BPDR: Château Clerc Milon: Technical information (2012年09月06日閲覧。)