シノビオリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SYVN1
識別子
記号SYVN1, DER3, HRD1, synoviolin 1
外部IDOMIM: 608046 MGI: 1921376 HomoloGene: 32700 GeneCards: SYVN1
遺伝子の位置 (ヒト)
11番染色体 (ヒト)
染色体11番染色体 (ヒト)[1]
11番染色体 (ヒト)
SYVN1遺伝子の位置
SYVN1遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点65,121,780 bp[1]
終点65,134,533 bp[1]
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_032431
NM_172230

NM_001164709
NM_028769

RefSeq
(タンパク質)

NP_115807
NP_757385

NP_001158181
NP_083045

場所
(UCSC)
Chr 11: 65.12 – 65.13 MbChr 11: 6.05 – 6.05 Mb
PubMed検索[3][4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト閲覧/編集 マウス

シノビオリン(Synoviolin)はSYVN1遺伝子にコードされるE3ユビキチンリガーゼである[5][6]SYVN1が発現している組織である滑膜細胞(synovial cell)にちなんでシノビオリンと名づけられた[7]リウマチの原因遺伝子の一つとして知られる[8]HRD1(HMG-CoA Reductase Degradation 1 Homolog)とも呼ばれる[9]

機能[編集]

シノビオリンは小胞体関連分解に関わるタンパク質である。シノビオリンは、小胞体ストレスによって発言が誘導され、小胞体ストレスの原因となる変性タンパク質を、小胞体から細胞質へと逆行性輸送することで除去する[10]SEL1L英語版との複合体であるSEL1L-HRD1複合体は哺乳類で最もよく保存されている小胞体関連分解機構である[11]。シノビオリンはまたユビキチン-プロテアソームシステムによる変性タンパク質分解も行う[9]。シノビオリンノックアウトマウスは胚性致死であることから、胚発生に必須であると考えられている[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000162298 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000024807 - Ensembl, May 2017
  3. ^ "Human PubMed Reference:".
  4. ^ "Mouse PubMed Reference:".
  5. ^ “Synoviolin/Hrd1, an E3 ubiquitin ligase, as a novel pathogenic factor for arthropathy”. Genes & Development 17 (19): 2436–49. (October 2003). doi:10.1101/gad.1096603. PMC: 218080. PMID 12975321. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC218080/. 
  6. ^ Entrez Gene: SYVN1 synovial apoptosis inhibitor 1, synoviolin”. 2019年7月22日閲覧。
  7. ^ 公開特許公報
  8. ^ リウマチ発症に関与するシノビオリン遺伝子をノックアウトしたマウスで 体重と脂肪の顕著な減少を確認
  9. ^ a b Harder, Bryan; Jiang, Tao; Wu, Tongde; Tao, Shasha; de la Vega, Montserrat Rojo; Tian, Wang; Chapman, Eli; Zhang, Donna D. (2015-08-01). “Molecular mechanisms of Nrf2 regulation and how these influence chemical modulation for disease intervention”. Biochemical Society Transactions 43 (4): 680–686. doi:10.1042/BST20150020. ISSN 0300-5127. PMC: 4613518. PMID 26551712. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4613518/. 
  10. ^ 金子, 雅幸「小胞体に関連するユビキチンリガーゼの生理機能」『YAKUGAKU ZASSHI』第136巻第6号、日本薬学会、2016年6月1日、 805–809、 doi:10.1248/yakushi.15-00292-2ISSN 0031-6903
  11. ^ Hwang, Jiwon; Qi, Ling (2018-8). “Quality Control in the Endoplasmic Reticulum: Crosstalk between ERAD and UPR pathways”. Trends in biochemical sciences 43 (8): 593–605. doi:10.1016/j.tibs.2018.06.005. ISSN 0968-0004. PMC: 6327314. PMID 30056836. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6327314/. 
  12. ^ Yagishita, Naoko; Ohneda, Kinuko; Amano, Tetsuya; Yamasaki, Satoshi; Sugiura, Akiko; Tsuchimochi, Kaneyuki; Shin, Hiroshi; Kawahara, Ko-ichi et al. (2005-03-04). “Essential Role of Synoviolin in Embryogenesis” (英語). Journal of Biological Chemistry 280 (9): 7909–7916. doi:10.1074/jbc.M410863200. ISSN 0021-9258. http://www.jbc.org/lookup/doi/10.1074/jbc.M410863200.