シゲベルト (ウェセックス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シゲベルト
Sigebryht
ウェセックス王
在位 756年 - 757年
死去 757年以降
ピーターバラ近郊
テンプレートを表示

シゲベルト古英語SIGEBRYHT VVESTSEAXNA CYNING または SIGEBERYHT REX SAXONVM OCCIDENTALIVM)はウェセックスの王(在位:756年 - 757年)。

生涯[編集]

遠い親戚であった前王クスレッドより王位を継いだが、王としてふさわしくない行いをしたと評価は低い。権力を貴族たちの集会によって奪われたものの、ハンプシャーの統治権限を与えられ、かの地で人を殺め、追放し、虐殺を行ったと後世に悪く伝えられている。この事は当時のウェセックス王であったものの、彼がマーシアエゼルバルドの支配下であった可能性を示唆している。兄弟であったキュネヘルドも追放したが、キュネヘルドは786年に帰還し、シゲベルトの跡を継いだキュネウルフを倒した。

シゲベルトは757年キュネウルフにより廃位され、757年以降にピーターバラ近郊で羊飼いに刺殺されたといわれる[1]

脚注[編集]

  1. ^ Vickers, p. 7

参考文献[編集]

  • Hugo Vickers, The Royal Line of Succession, Royal Collection Trust
爵位・家督
先代:
クスレッド
ウェセックス王
在位

756–757
次代:
キュネウルフ