ザカリーに捧ぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザカリーに捧ぐ
Dear Zachary: A Letter to a Son About His Father
監督 カート・ケニー
脚本 カート・ケニー
製作 カート・ケニー
音楽 カート・ケニー
撮影 カート・ケニー
編集 カート・ケニー
製作会社 MSNBC
配給 Oscilloscope Laboratories
公開 2008年10月31日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ザカリーに捧ぐ』(Dear Zachary: A Letter to a Son About His Father)は、2008年、カート・クエンネ(Kurt Kuenne)のドキュメンタリー映画

解説[編集]

本作は、殺した相手の子を妊娠・出産した女性シャーリー・ターナーと、その被害者アンドリュー・バッグビィの両親を題材とした作品である。 本作の監督であるクエンネはアンドリューの友人であり、元々本作はアンドリューとシャーリーとの子であるザカリーに父親の姿を知ってもらうために制作したものだったが、ビデオの制作期間中にシャーリーがザカリーと無理心中をした。

日本での公開[編集]

日本では劇場公開されていないものの、TOKYO MXのテレビ番組『松嶋×町山 未公開映画を観るTV』の2009年12月27日放送分と、2010年1月3日放送分にて取り上げられた[1]

参加映画祭[編集]

評価[編集]

参照[編集]

  • "Dance with the Devil: A Memoir of Murder and Loss", Dave Bagby, 2007年, ISBN 1552638197

外部リンク[編集]