サードレール (政治用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サードレール(third rail、三番目のレールの意、第三軌条方式参照)はアメリカで用いられる言葉。議員公務員が切り出すと常に物議を醸し非難されるような政策電車の線路には、一部の地下鉄など電力を供給するために軌道脇に通電したレール(第三軌条)を設けているものがある。これに触れて感電することになぞらえ、非難を浴び政治的な地位を失いかねない政策をサードレールと呼ぶ。アメリカ以外にも(サードレールと呼ばれることはないが)同様の政策は各国に存在し、たとえば下記のうちの「社会保障の削減」「規制の対象になっている化学物質(麻薬の類)の合法化」は日本でも同様に政治的地位を失いかねない政策である。

アメリカのサードレールの例[編集]