サーカス・ギャロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サーカス・ギャロップ』 - 自動演奏ピアノのための(Circus Galop for Player Piano)は、カナダのピアニストマルク=アンドレ・アムラン作曲のピアノ曲

概要[編集]

サーカス・ギャロップは、1991年から1994年にかけて作曲された。「自動演奏ピアノのための」という曲名が表すとおり、人間の手による演奏は不可能で、2オクターブにわたる和音や11声部の同時進行などが見られる。MDG(Musikproduktion Dabringhaus & Grimm)で録音が行われた際、アムランは「この作品はあらゆる意味できわめて誇大(excessive)なものであり、その一つの結果として、この作品には圧搾空気で動作するピアノ一台では処理しきれないほどの音があり、したがって二台用にする必要があった」と述べている[1]

アムランの自筆譜では、要所に簡単な注釈が添えられている。曲は、サーカスの開演を予感させるファンファーレに続き、印象的なギャロップの演奏。続く中間部では「バランス劇、もしくは人間ピラミッド」という演目に移る。フィナーレ(コーダ)は大量のグリッサンドを伴いつつ劇的に展開されるが、「THE FATAL ACCIDENT」(重大な事故、致命的な事故、つまり おそらくは死亡事故)という不可解な言葉が記された終結部で唐突に締めくられる。

脚注[編集]

  1. ^ MDG 645 1406-2(2008年)のライナーノート11頁。