サン=ジュリアンAOC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サン=ジュリアン AOC: Saint-Julien AOC)は、フランスワイン産地[1]。AOCは「Appellation d'Origine Contrôlée」の略で、フランスワインの中でも最高級ワインをさす。

シャトー・マルゴーのあるマルゴー村と、1級格付けのワインが3つもあるポーイヤックに囲まれているが、1級格付けは一つもない。2級格付けは5つあり、3級や4級をあわせると格付けシャトーは11に上る。

排水の良い砂利混じりの畑が多く、カベルネ・ソーヴィニョンの栽培に最適で、フローラル系の香りが豊かな、やや軽めながら、繊細で優雅でバランスの良いワインが作られている。

有名シャトー[編集]

  • Château Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル(4級)
  • Château Branaire-Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュ(4級)
  • Château Gloria
  • Château Ducru-Beaucaillou シャトー・デュクリュ・ボーカイユ(2級)
  • Château Gruaud-Larose シャトー・グリュオー・ラローズ(2級)
  • Château Lagrange シャトー・ラグランジュ(3級)
  • Château Langoa-Barton
  • Château Léoville-Las Cases シャトー・ラオヴィル・ラ・カス(2級)
  • Château Léoville-Poyferré シャトー・レオヴィル・ポワフェレ(2級)
  • Château Léoville-Barton シャトー・レオヴィル・バルトン(2級)
  • Château Saint-Pierre シャトー・サン・ピエール(4級)
  • Château Talbot シャトー・タルボ(4級)

関連項目[編集]

脚注[編集]