サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正面ファサード

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂イタリア語: Basilica di Santa Croce in Gerusalemme)は、イタリア ローマにあるカトリック教会教区教会)。『ローマの7つの巡礼教会英語版』のうちの一つである。教会伝によれば、325年聖ヘレナ(皇帝コンスタンティヌス1世の母)が聖地よりもたらした聖遺物を祀るために造られた教会だという。聖堂の床はエルサレムラテン語: Hierosolyma,ヒエロソリマ)から運ばれてきた土が敷き詰められていたため、この教会は『ヒエルサレム(Hierusalem)』と呼ばれた。なお、現在のイタリア語表記でのジェルサレンメ(Gerusalemme)は、エルサレムのことである。

教会の南西に隣接して3世紀初頭に建てられたカストレンセ円形闘技場があり、現在は教会所有の菜園となっている[1]

聖遺物[編集]

教会内の聖遺物礼拝堂には、次のような聖遺物が納められている[2]

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 黒田泰介 「ルッカ一八三八年 古代ローマ円形闘技場遺構の再生」、『シリーズ都市の血肉』 (編集出版組織体アセテート) 第1巻113頁、2006年ISBN 4-902539-11-X 
  2. ^ チマッティ資料館 資料館News 2010年5月 “イタリア巡礼より帰国したコンプリ神父のメッセージ”

座標: 北緯41度53分16秒 東経12度30分59秒 / 北緯41.88778度 東経12.51639度 / 41.88778; 12.51639