サンタ・クララ燈台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サンタ・クララ燈台ポルトガル語、Farol de Santa Clara)は、アゾレス諸島を構成する島の中では最大の島である、サンミゲル島に設置されている燈台である。この燈台は、サンミゲル島の港町ポンタ・デルガダ内のサンタ・クララ(英語版)と言う場所に位置する。ポンタ・デスガダ港から見ると、西に800 mほとの距離である。なお、サンタ・クララ島燈台バスク語、Santa Klara uharteko itsasfaroa)とは異なる。

施設[編集]

昼間に撮影されたサンタ・クララ燈台。
明かりが点燈された状態のサンタ・クララ燈台。

サンタ・クララ燈台のライトは、約8 mの高さの塔の上に取り付けられており、海面からは約27 mの高さに位置する [1] 。 このライトからの光は、2秒間点燈して、3秒間消燈するという周期で点滅させている、白色光である [1] 。 なお、サンタ・クララ燈台付近までは道路が整備されているため、容易に燈台に近付くことが可能である。

出典[編集]

  1. ^ a b Farol Santa Clara

座標: 北緯37度44分00秒 西経25度41分09秒 / 北緯37.7333度 西経25.6858度 / 37.7333; -25.6858