サルセット島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サルセット島

サルセット島ヒンディー語:साल्सेट द्वीप、英語:Salsette Island)は、インドマハーラーシュトラ州ムンバイを構成する島。現地ではサールセートと呼ばれる。川を挟んでムンバイが存在する。

歴史[編集]

古くはサーサーティーあるいはサースティーと呼ばれ、マラーティー語で66つまり66の村を意味した[1]

1343年グジャラートスルターンによって併合された。

1534年ポルトガル勢力により、バハードゥル・シャーの治世に奪われた。

1774年、サルセットはイギリスによって占領された。

1782年第二次マラーター戦争の講和条約サルバイ条約により、サルセットはイギリス領とされた。

1803年、サルセットとボンベイの間の橋がかけられた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ India. Census Commissioner. (1901). Census of India. Government Central Press, Bombay. http://www.archive.org/stream/cu31924071135820/cu31924071135820_djvu.txt 2012年4月16日閲覧。. 

関連項目[編集]