サラバンド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サラバンド
Saraband
監督 イングマール・ベルイマン
脚本 イングマール・ベルイマン
製作 ピア・エーンヴァル
出演者 リヴ・ウルマン
撮影 レイモンド・ウェンメンロヴ
配給 シネフィル・イマジカ
公開 スウェーデンの旗 2003年12月1日
日本の旗 2006年10月21日
上映時間 112分
製作国  スウェーデン
言語 スウェーデン語
テンプレートを表示

サラバンド』(Saraband)は、2003年に制作されたスウェーデンテレビ映画である。イングマール・ベルイマン監督で、同監督による1974年の映画『ある結婚の風景』のメインキャストたちが同じ名前の役で出演している(しかし、サラバンドは『ある結婚の風景』の続編ではないとされている)。2005年にアメリカ合衆国イギリスで,2006年に日本でそれぞれ劇場公開された。 ベルイマンが映画の監督をしたのは、1982年の『ファニーとアレクサンデル』以来20年ぶりのことある。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本: イングマール・ベルイマン
  • 製作: ピア・エーンヴァル
  • 撮影: レイモンド・ウェンメンロヴ
  • 美術: ヨーラン・ワスベリイ
  • 編集: シルヴィア・インゲマルソン

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

弁護士のマリアンは30年以上前に別れて没交渉になっていた元夫のヨハンを訪ねる。ヨハンは田舎に隠棲していたが,ヨハンとそりの合わない息子のヘンリックとヘンリックの娘カーリンが数ヶ月前から近くのコテージに滞在していた。二年前に妻を癌でなくして以来カーリンを妻の代わりに愛情で縛り付けてしまい、彼女をチェロのソリストとして育てようとするヘンリックと、父の押し付けがましい愛情に反発しつつも音楽家として自立することや父を置き去りにしていくことへの不安を抱くカーリンの間の葛藤がマリアンの前で繰り広げられる。

外部リンク[編集]