サムターン回し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サムターン回し(サムターンまわし)とは、住居侵入窃盗犯などがを開ける手法の一つであり、ドアの外側からサムターン(ドアの内側の指でつまんで回転させ施開錠する部品)を回すことによって開錠するものである。

通常のドアの錠前は、外側から見える部分としては鍵穴しかなく、その内部は複雑な構造をとっているが、内側のサムターンを回すと解錠がなされることは自明である。そこで、郵便受けや扉の隙間を利用して、あるいは扉の一部を破壊するなどして外側から内側に器具を入れ、サムターンを回す[1]ピッキングなどに必要な特殊な工具は不要である。これを防ぐ為には扉自体または各部の強化[2]、扉周りの隙間の排除[2]などのほか、外部から回されにくい対策をしたサムターンを用いる[2]ことや、サムターンにカバーをつける[3]、サムターンを用いない錠前を用いる[2]ことなどが挙げられる。

脚注[編集]

  1. ^ 『「鍵」が危ない!』 p.59, pp.142-145
  2. ^ a b c d 『「鍵」が危ない!』 pp.142-145
  3. ^ 美和ロックウェブサイト 『サムターン回し』

参考文献[編集]

外部リンク[編集]