空き巣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

空き巣(あきす)とは、窃盗の手口の一つで、家人が留守中の家屋に侵入して金品を盗むこと、又はそれを行う者のことをいう。空巣狙い(あきすねらい)ともいう[1]

これとは逆に、家人が在宅中の家屋に忍び込んで金品を盗むこと、又はそれを行う者のことを、居空き(いあき)という。また居空きのうち、特に家人が就寝中の家屋に忍び込んでこれを行うこと、又はそれを行う者のことを、忍込み(しのびこみ)という[2]

空き巣・居空き・忍込みを総称して、住宅対象侵入窃盗(じゅうたく たいしょう しんにゅう せっとう)という[3]

現行の住宅対象侵入窃盗犯罪を指す空き巣は、大正から第二次世界大戦前に犯罪常習者間で用いられた「ネライ」、「ヒルトビ」、「日中」等と同義の隠語のひとつとされる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「空き巣」、『広辞苑』第六版
  2. ^ 昭和61年度版『警察白書』、警察庁
  3. ^ 「『空き巣』などの被害にあわないように」、大阪府警察[リンク切れ]