ゴッド・ブレス・アメリカ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴッド・ブレス・アメリカ
God Bless America
監督 ボブキャット・ゴールドスウェイト
脚本 ボブキャット・ゴールドスウェイト
製作 ジェフ・クロッタ
ショーン・マッキトリック
製作総指揮 テッド・ハム
出演者 ジョエル・マーレイ
タラ・ライン・バー
音楽 マット・コーラー
撮影 ブラッドリー・ストーンサイファー
編集 ジェイソン・スチュワート
デヴィッド・ホッパー
製作会社 ダーコ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年4月6日
日本の旗 2012年7月28日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $122,550[1]
テンプレートを表示

ゴッド・ブレス・アメリカ』(原題:God Bless America)は、2012年に公開されたアメリカ映画

ストーリー[編集]

人生にうんざりするフランクはある日、元妻と娘が自分から完全に離れて言ったうえ、誤解からセクハラで解雇され、さらに医師からは脳腫瘍で余命が短いと宣告された。拳銃自殺をしようかと考えていたフランクだったが、わがままな少女クロエが出演するリアリティ番組を目にした途端考えを変え、隣人の車を盗んで番組の撮影現場へ向かい、クロエを手錠で拘束したうえで射殺した。その様子を、同じく人生にうんざりしていた女子高生・ロキシーが目撃し、興奮した状態でフランクの後を追った。そして彼女はモーテルで我に返り再び自殺しようとしていたフランクに、新たなる殺人を持ちかけた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ God Bless America”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]