コンビネーション・リスト・カール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンビネーション・リスト・カール(combination wrist curl)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。前腕屈筋群前腕伸筋群の筋肥大を促し、筋力を高めることができる。

具体的動作[編集]

ダンベル・コンビネーション・リストカール[編集]

  1. 両手にダンベルを持って立ち、体の前に構える。手のひらが手前を向くようにする。やや前傾姿勢をとり、動作中にダンベルが体に触れないようにする。
  2. 息を吐きながらダンベルを前方に巻き上げる。
  3. 前腕伸筋群が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 息を吐きながらダンベルを手前に巻き上げる。
  5. 前腕屈筋群が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  6. 2~5を繰り返す。

バーベル・コンビネーション・リストカール[編集]

  1. 両手でバーベルを持って立ち、体の前に構える。手のひらが手前を向くようにする。やや前傾姿勢をとり、動作中にバーベルが体に触れないようにする。
  2. 息を吐きながらバーベルを前方に巻き上げる。
  3. 前腕伸筋群が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 息を吐きながらバーベルを手前に巻き上げる。
  5. 前腕屈筋群が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  6. 2~5を繰り返す。

ケーブル・コンビネーション・リストカール[編集]

  1. ロープーリーストレートバーをセットする。
  2. 両手でハンドルを持って立ち、体の前に構える。手のひらが手前を向くようにする。やや前傾姿勢をとり、動作中にハンドルが体に触れないようにする。
  3. 息を吐きながらハンドルを前方に巻き上げる。
  4. 前腕伸筋群が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  5. 息を吐きながらハンドルを手前に巻き上げる。
  6. 前腕屈筋群が十分に収縮するのを感じ取ったら、息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  7. 3~6を繰り返す。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『かっこいいカラダ next stage vol.9』、ベースボールマガジン社。