コルセスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コルセスカ
16世紀末から17世紀初頭にかけてのコルセスカ
コルゼーケ

コルセスカイタリア語: Corsesca、コルセーク、フランス語: Corsèque)は、の一種。

名称は、コルシカ島に由来する[1]。15世紀にはドイツに広まっていたハーケンシュピース(ドイツ語: Hakenspieß)が、同種の武器と考えられている[1]

パルチザンとの類似性が指摘され[1]、穂の左右にフック状の刃が付いた姿をしているが、派生型としてショーヴ・スーリ(フランス語: Chauve-souris)、コルゼーケドイツ語版ドイツ語: Korseke)等の名称で知られる左右の刃が大型化したものも存在している[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c Auguste Demmin (1894). An illustrated history of arms and armour : from the earliest period to the present time. p. 445. https://archive.org/details/cu31924030736981 
  2. ^ European weapons and armour: from the Renaissance to the Industrial Revolution. Boydell Press. (2012). pp. 52-53. http://books.google.co.jp/books?id=NkD86JPgCS4C