コスタ・アレグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コスタ・アレグラ
Costa Allegra in Split on 2011-07-08 (2).jpg
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 日本の旗 日本
所有者 コスタ・クルーズ
運用者 コスタ・クルーズ
IMO番号 6916885
改名 ANNIE JOHNSON(1969–1986)
REGENT MOON(1986–1988)
ALEXANDRA(1988-1992)
COSTA ALLEGRA(1992–2012)
SANTA CRUISE(2012)
経歴
起工 1968年
進水 1969年4月3日
竣工 1969年12月4日
就航 1969年
最後 2012年トルコで解体
要目
総トン数 115,055 トン
全長 187.69 m
25.75 m
喫水 8.20 m
デッキ数 8層
機関方式 ディーゼル
速力 19ノット
旅客定員 1,072名(最大3,096名)
テンプレートを表示

コスタ・アレグラ(Costa Allegra)は、コスタ・クルーズが運航していたクルーズ客船である。

概要[編集]

1969年スウェーデンのRederi AB Nordstjernanの発注により、フィンランドバルチラトゥルク造船所でコンテナ船として建造され、Annie Johnsonとして就航した。 1986年、クルーズ客船への改造を前提としてRegency Cruisesに売却され、Regent Moonとなったが、係船された。 1988年、Naviera Panalexandraに売却され、Alexandraとなったが、引き続き係船されたままだった。 1990年、Costa Cruisesが取得、ジェノヴァのT. Mariotti造船所でクルーズ客船への改造を行い、1992年に就航した[1][2]

2012年2月27日セイシェル諸島の南西約200海里を航行中、発電機の火災により航行不能となった。来援したタグボートにより、翌日から数日間かけてマヘ島へ曳航された。その後、スクラップとして売却され、Santa Cruiseと船名を変更し、コスタクルーズのシンボルである黄色の煙突も白く塗りつぶした上で、トルコのアリアガへ回航され、解体された[3][4]

船内[編集]

船体は8層構造で各デッキには印象派画家の名前が付けられていた。船体の中央は3層吹き抜けのアトリウムとなっており、船内で芸術作品を見ることができた[5]

  • 399室の客室(スイート13室、バルコニー付客室10室)
  • 3つのレストランと6つのバー
  • ジャグジーと、子供用プールを含むプール2つ
  • カラカラ・スパ: ウエルネス・センターとジム、サウナ
  • ジョギングトラック(露天甲板)
  • シアター、カジノ、ディスコ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Asklander, Micke. “M/S Annie Johnson (1969)” (Swedish). Fakta om Fartyg. 2011年8月31日閲覧。
  2. ^ Miller, William H. Jr. (1995). The Pictorial Encycpedia of Ocean Liners, 1860-1994. Mineola: Dover Publications. p. 5. ISBN 0-486-28137-X. 
  3. ^ Ex-Costa Allegra to be Scrapped in Turkey. Cruise Industry News, 26 October 2012. 2012-10-27閲覧。
  4. ^ SANTA CRUISE (ex-Costa Concordia). ShipSpotting.com. 2012-10-27閲覧。
  5. ^ Ward, Douglas (2008). Complete Guide to Cruising & Cruise Ships. Singapore: Berlitz. pp. 306–307. ISBN 978-981-268-240-6.