コガネニカワタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コガネニカワタケ
Tremella mesenterica JPG1.jpg
コガネニカワタケ
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 異型担子菌綱 Heterobasidiomycetes
: シロキクラゲ目 Tremellales
: シロキクラゲ科 Tremellaceae
: シロキクラゲ属 Tremella
: コガネニカワタケ T. mesenterica
学名
Tremella mesenterica
和名
コガネニカワタケ

コガネニカワタケ(黄金膠茸、学名Tremella mesenterica )は、シロキクラゲ科シロキクラゲ属キノコ

概容[編集]

コガネニカワタケは、その名の通り(にかわ)のように軟質で、光沢のある黄白色または黄色のキノコである。形はシワのよった花びらに似ており、球形の塊になる[1]。世界的に広く分布するごく有り触れたキノコで、シロキクラゲ属の基準種である。このキノコは、カシヤナギなどの広葉樹、または枯枝(かれえだ)に活着(菌類などの胞子が根づいて生育すること)し[2]キウロコタケと結びついて樹皮を破って花びら状に成長する[3]。コガネニカワタケの担子器は類球形で2〜4細胞からなり、シロキクラゲ目に共通する特徴である縦隔壁(縦に並んだ壁)によって分割されている[4]

有性世代のA型とa型が接合する際に接合管を誘導する物質(性接合物質)として、東京大学農学部坂神洋次らによりA型からtremerogen A-10、a型からtremerogen a-13というペプチドが発見されている[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考文献2 P.453、参考文献3 P.531他
  2. ^ 参考文献1 P.106
  3. ^ 参考文献2 P.453
  4. ^ 参考文献1 P.106他
  5. ^ Sakagami, Y.; Isogai, A.; Suzuki, A.; Tamura, S.; Kitada, C.; Fujino, M. (1979). “Structure of Tremerogen A-10, a Peptidal Hormone Inducing Conjugation Tube Formation in Tremella mesenterica”. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 43 (12): 2643-2645. doi:10.1271/bbb1961.43.2643.. 
  6. ^ Sakagami, Y.; Yoshida, M.; Isogai, A.; Suzuki, A. (1981). “Peptidal Sex Hormones Inducing Conjugation Tube Formation in Compatible Mating-Type Cells of Tremella mesenterica”. Science 212 (4502): 1525-1527. doi:10.1126/science.212.4502.1525. 

参考文献[編集]

  1. 『朝日百科 キノコの世界』 著者:本郷次雄ほか 出版:朝日新聞社 ISBN 4023800112
  2. 『ウェブスター菌類概論』 著者:ジョン・ウェブスター 訳者:椿啓介三浦宏一郎山本昌木 出版:講談社 ISBN 4061396099
  3. 『山溪カラー名鑑 日本のきのこ』 著者:今関六也大谷吉雄、本郷次雄 出版:山と溪谷社 ISBN 4635056058
  4. 『原色日本菌類図鑑』 著者:今関六也、本郷次雄 出版:保育社 ISBN 458630023X
  5. 『続 原色日本菌類図鑑』 著者:今関六也、本郷次雄 出版:保育社 ISBN 4586300426

関連項目[編集]