コカコーラボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コカコーラボウル(Coca-Cola Classic)はかつて開催されたNCAAカレッジフットボールの試合。コカ・コーラ社がスポンサーとなって1986年から1993年まで日本東京で開催された。

1985年まではミラージュボウルの名前で開催された。この試合はレギュラーシーズンの1試合であり、ポストシーズンのボウル・ゲームとはなっていない[1]

歴史[編集]

1986年の試合は国立競技場で行われ、ジョン・エルウェイの父親、ジャック・エルウェイヘッドコーチが率いるスタンフォード大学がアリゾナ大学を29-24で破った。この試合でスタンフォード大学では、ブラッド・マスターが108ヤードを走り1TD、グレッグ・エニスが2TDパスを決めた。またケビン・スコットが第4Qに88ヤードのキックオフリターンTDをあげた。この試合に出場した両大学は15万ドルを受け取っている[1]

1992年のネブラスカ大学、1993年のウィスコンシン大学はこの試合に勝ってビッグ・エイト・カンファレンスビッグ・テン・カンファレンス優勝を決めた。1993年のウィスコンシン大学は1963年以来となるローズボウル出場を果たしている。

試合結果[編集]

年月日 得点 得点
1986年11月30日[2] スタンフォード大学 29 アリゾナ大学 24
1987年11月28日[3] 引き分け カリフォルニア大学 17 ワシントン州立大学 17
1988年12月3日[4] オクラホマ州立大学 45 テキサス工科大学 42
1989年12月4日[5] シラキューズ大学 24 ルイビル大学 13
1990年12月2日[6] ヒューストン大学 62 アリゾナ州立大学 45
1991年11月30日[7] クレムゾン大学 33 デューク大学 21
1992年12月6日[8] ネブラスカ大学 38 カンザス州立大学 24
1993年12月6日[9] ウィスコンシン大学 41 ミシガン州立大学 20

脚注[編集]

[ヘルプ]