コイル鳴き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コイル鳴きとは、電気製品から発生する甲高く耳障りなが通電中に鳴る現象で、電子部品であるインダクタ(コイル)や変圧器(トランス)の不正振動により発生する。

概要[編集]

電子機器などから「キーン」といった高い音が発生する現象である。巻線どうしやコア(芯)の磁力による振動が原因。巻線や心材を振動しないよう固定させることや、巻き方を工夫することで解消する。

関連項目[編集]