ゲンティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゲンティンドイツ語発音: [ɡɛnˈtiːn])とは、ドイツザクセン=アンハルト州イェリヒョウアー・ラント郡英語版にある町。町内をエルベ・ハーフェル運河英語版が通っている。マクデブルクの北東50km、ブランデンブルクの27km西に位置する。

ゲンティンはVerwaltungsgemeinschaft英語版(「集団自治体」)・エルベ-ストレンメ-フィーナ―英語版の所在地であった。ゲンティンでは1939年12月21日-22日の夜にベルリン-ポツダム-マクデブルク鉄道の線路上で鉄道事故が発生し278人が死亡した。この事故の慰霊碑が町に建立された。

鉄道事故の慰霊碑